ゆるり散歩☆めぐり鉄

yurumegu.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 15日

◇昭和のまちへGO~☆*今日のちっくと鉄(96)◇

f0214498_17222247.jpg


f0214498_21542157.jpg


f0214498_21545784.jpg


f0214498_21553022.jpg



今日の高知は、相変わらず寒い一日となりました。

私は、暖房器具へひっつき虫のように張り付いていました~
う~、さぶ~っ 
( ̄~ ̄*)




今日のちっくと鉄は~☆
「昭和大鉄道展」    香川県立ミュージアム (香川県高松市)




またまた前回からの話のつづきです。

とんでもなく、まるで作り話のようなホントの話。。。
ボケまくり!?の私
( ̄  ̄;)

間違って入ってしまった出口から
何事もなかったかのように、正しい入口から中へと入りました~(笑)

正面入口から入る時に気がついたのですが、この再現された昭和の街並みのブースを
なんと写真撮影できるようになっていたのです。
(もう、すでに何枚か写真UP↑↑してるケド。。。)
私がJR高松駅で手にしたチラシ広告には’撮影可’の文字が見当たらなかったので
見て回るだけだな~と思っていたんですがね~
’撮影可’の文字。
おお~、なんとすばらしい~展覧会だ!
と思いつつ中へ。。。

建物も忠実に再現されていて、展示してあるものも実物。
店に並べてある商品も、家の中に置いてある陶器の器やテレビや本・雑貨など
あらゆるものがすべて本物!
残っているもんですね~、こういうものも。
細かいところまで、良く造られているし。

ひとつひとつじっくり見て回り、撮影して
そうだな~全体の3分の1位のところでこのブースは終わり。
そこから先は撮影禁止で、その境のところで学芸員の方がちゃんと見張り!をしていました。
私もカメラレンズにキャップを付けて営業(撮影)終了~。
今度はメインの鉄道写真や資料、車両模型などのブースへ。

このメインブースは主に香川県の鉄道歴史のほか、国鉄時代~JR発足後~現代までと
国鉄時代の宇高連絡船など四国内の昭和の鉄道も紹介・展示されていました。

おぉ~~お宝ザクザク状態だ~(@◇@)/
なんてね、思っていたら


「あ~懐かしいね~、こんなんあったわな~」
「そうそう、そうやったわ、確かあったわな、ここにな~」
「あ~、覚えとる」

なんて、讃岐弁の話し声が聞こえてきたので、私は声をする方へ振り向くと
ちょうどその時ここに訪れていた地元のおじいちゃんおばあちゃん達が昔話をしていました。
多分、近くのデイサービスの人達でしょう。
写真に指をさしながら、車椅子を押す若い介護士さん達に昔の話をされていました。
ん~、懐かしかったのでしょうね~
みなさん楽しそうに話をしていましたよ。
(^  ^)

私もじっくり見ていると
あっ、これ見たことある~~~!
と思うものがいくつもありました。
それは、去年のJR四国きしゃぽっぽまつりで展示されていたお宝鉄道写真や資料が
ここでも展示されていました。
またここでも見れると思っていなかったので、なんかちょっとうれしかったですね~♪

それと今回初めて見たのですが
’ことでん’の高松琴平電気鉄道のヘッドマークや昔の写真数多くありました。


あとね、鉄道模型も展示されていて
古~いいくつものSL・客車・軽便・ことでん・ディーゼル機関車(DE/DF)・国鉄時代・JR四国の車両が
何十種類もあってね、食い入るように見てた私ですが。。。

あらゆる角度で細部まで見てみたかったもんだから・・・
勢いあまって、透明ガラスに頭を
『ゴツンッ!』
とぶつけてしまう始末。。。
鈍~い音が広~い展示室に響き渡ってしまった。。。
またまたやっちゃった~
何回ドジってんのよ~、自分~!
トホホ。。。
( ̄  ̄;)ゞ
でも、幸いにして平日だったためお客さんが少なくて聞かれてなかったと思う。
多分。
あ~良かった~( ̄  ̄) 
(↑↑そう思うのは自分だけ???)
椅子に座ってた学芸員さんにはもしかしたら聞こえた??かも。。。
もう、恥ずかしいよね~
(笑)

そんなこんなで、今度は間違わずに順序どおりに出口に出て観覧終わり。
こんなカンジ??でドキドキ☆ワクワク、お宝いっぱい~!の
「昭和大鉄道展」を満喫観覧したのでした。
(^  ^)

おわり。

まだ、写真もあるのでこれも今後ちっくと鉄にてUP↑していけたらなと思ってます~♪



 *ブログランキング参加しています。クリックしていただけるとうれしいです☆
↓   ↓   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
[PR]

by yuruneko | 2012-01-15 21:00 | ちっくと鉄


<< ◇時が流れるごめん線*今日のち...      ◇『うどん県』in「昭和大鉄道... >>